金利の低い会社への借り換えで返済総額を減らす

はじめて消費者金融からお金を借りる時は金利の低さよりも会社の知名度や借り入れのしやすさや審査のスピードなどに注目して会社を選んでしまいがちになります。

基本的に返すときのことをあまり考えないでお金を借りてしまう人が多いようです。しかし、消費者金融を何度も利用して金利の知識が増えてくると、金利は返済期間が長くなるほど負担が重くなることに気づくことになります。

また消費者金融は運転免許証などの身分証明書が一枚あれば申し込みが出来て審査を受けることが出来るので借り入れがしやすいのですがその分金利が高めに設定されています。少額のお金を借りて短期間で返済するなら金利もそれほど大きな負担にはならないのですが、ある程度のまとまったお金を借りて返済期間を1年以上と考えているなら金利が5%でも違えばかなりの差になります。

そういうときは金利の低い会社に借り換えをすることで返済総額を減らすことが出来ます。借り換えをする前に今自分は何社からいくら借りていて金利はどのくらいかをしっかり把握する必要があります。せっかく借り換えをしても今借りている会社と金利がほとんど変わらない会社に借り換えをしてしまうとあまり意味がないからです。

金利が低くて有名なのが銀行カードローンです。担保なし保証人なしでお金を借りることができて借りたお金は自由に使うことが出来ます。銀行からの借り入れは総量規制の対象外なので、消費者金融で総量規制が原因で審査に落とされてた人でも銀行カードローンなら審査に通過する可能性があります。銀行カードローンで借り換えをするためには審査に合格する必要があります。銀行カードローンの審査はやや厳しめだという評判です。20歳以上で安定した収入があれば誰でも申し込むことは出来ますがアルバイトやパートなどで年収が低いと審査で落とされてしまう確率が高くなるようです。

反対に公務員や大企業に正社員として勤めていれば年収が低くても審査に通りやすいといわれています。
このように借り換えでの返済額を減らす方法がわかっていただけたと思います、では借り換えと同じようなおまとめローンでも毎月の返済額を減らせて低金利で利用できるので調べてみましょう。

借入をする友人の話

借入を頻繁に利用する友人がいます。友人によると借入は特に怖いものでもないし、便利なものだと言います。私は返済できなかったらどうしようと思ってしまうのですが、友人はそうは思わないようです。

借入をすることで得ることがあると友人は良く言っています。欲しいものは早めに買うことができるし、生活の足しにすることもできると言っていました。返済についても、自分の返済能力を考えて利用することで、返済の遅滞を避けることは簡単にできるそうです。

借入と聞くと、あまり良い話は聞かないのですが、友人のように上手く利用すれば本当に便利なものなのでしょう。友人はこれまで、一度も返済を滞らせたことは無いようなので、本当に上手くやっているのだと思います。確かに、友人を見ていると、しっかりしており、抜け目がないので安心して物事を任せることができます。そんな友人でしたので、借入を利用していることを知ったときは驚きましたが、友人あれば上手く利用していても不思議はないと感じました。

友人によると、利用する前にいつまでに返済をするのかということを決めておくそうです。やはり、返済の遅滞は絶対にしてはいけないことだそうです。どのようなことがあっても返済を優先することというのが、友人が返済をするときのルールだそうです。そのルールさえ守れば、返済は遅れることは無いし、次回以降も安心して利用することができると言っていました。

また、自分の返済能力を超えた借入はしてはいけないとも言っていました。そのような借り方をしていれば、いずれ返せなくなる日がくるとのことです。友人にとって、借入はその時だけで終わるものではないため、継続した利用ができるように考えてのことでした。

友人の話を聞いてみると、やはり色々と考えているのだなと感じました。また、しっかり者の性格も出ており、友人らしいと思いました。友人のように上手く利用できれば良いなと思います。私も借入を利用するときは友人のように、しっかりと考えて借りたいと思います。